掃除

掃除

掃除の依頼をこなすなら相当に気合を入れて行わねばなりません。
便利屋レベルの掃除ではクレームが多いです。

 

実際、経験がないと掃除をこなしていくことは難しいです。
お金をいただく以上、掃除ではレベルの高い仕事が求められます。
当然ですよね。

 

それでも掃除の依頼を断らないようにしています。
それほど掃除の仕事には魅力も未練もあります。

 

大胆な方法と思われるかもしれませんが
掃除のレベルが低いことは最初からお客さんに言っておけばよいのです。

 

「わたしの場合は掃除は時間で計算します。汚れは落ちないかもしれません。」
大胆な宣言にお客さんもあきれているかもしれません。

 

しかしながらそれでも依頼してくるお客さんがいますので
チャンスを与えられたと考えて依頼を受けるべきです。
掃除のリピートはそれほどに魅力があります。

 

便利屋の掃除は一回はこれでもいいのかもしれません。
しかし二度目はないということです。

 

いずれにせよ掃除は十分な技術が必要です。
しかしながらリピーターも多いので徐々にマスターしていけばよいと思います。

 

掃除ができるということはかなり強い味方になると思います。