便利屋と依頼人のスタンス

お客さんとのスタンス

便利屋と依頼人の関係は友達関係のようなスタンスが良いと思っています。

 

完全なプロフェッショナルと依頼人の向かい合った関係ではなく、友達のように一緒の方向を向いた関係が良いと思うのです。

 

 

 

上記のことは料金のちょっとしたノウハウだと思っています。

 

お客さんは「料金は安い方が良い」と考える人だけではありません。

 

そこには、見栄もあれば情もあります。

 

そこを上手くつけば高めの料金設定でも大丈夫です。

 

ですがぼったくりはいけません。

 

それに友達だからといって近づきすぎるのも駄目でしょうね。

 

親しき仲にも礼儀ありです。

 

キチンとしたキレイな関係もすごく大事です。

 

必ず、仕事にかかる前に見積もりをすることとか、お客さんですから言葉遣いに気を付けるのも大事です。

 

理屈に合わない料金のもらい方はしないほうが良いです。

 

 

 

私は基本的に「がめついお客さんはお断り」でもいいと思っています。

 

最初から「1時間1000円くらい?」とか聞いてくるお客さんは相手にしないようにしてきました。

 

自分がめついほうなので基本的に好きじゃないのかもしれません。

 

 

便利屋は嫌われるようなタイプでは難しいです。

 

この人なら頼めそうと思われることが重要だと思います。

 

ショベル
ショベル


外壁塗装 費用の相場
便利屋 開業