便利屋の料金ポリシー

便利屋の料金ポリシー

便利屋の仕事は一つ一つは誰でもできる簡単な仕事が多いものです。

 

しかし仕事内容から安い料金しか貰えないと単純に考えてはいけません。

 

 

 

商売をしている以上、それで自分も生活していかねばなりません。

 

ですから安くするのではなく常に高めの料金設定が大事です。

 

そしてお客様から納得してお金をいただけるように工夫しましょう。

 

けっして安くするだけが美徳ではありません。

 

また安いだけで利用してくるお客さんとは長く良い関係を保てないと思います。

 

 

 

 

松下幸之助氏の言葉で「お客さんは商人に儲けさせたいと思っている。

 

だから商売は儲かるようになっているんや。」という事を聞いたことがあります。

 

松下氏のこの言葉はすごく説得力があるなあといつも思います。

 

このような考え方ができるのが凄いですね。

 

しかしながら、それこそが商売の大事な考え方でもあると思います。

 

 

 

自分の付加価値を信じて自分の料金に十分に納得していただけるように

 

頑張りたいものです。

 

お客さんは価格だけで依頼してくるのではないのです。

 

 

 

 

そこでまず基本的料金ですが、依頼内容に関係なくベースとして

 

日当で2万円、半日なら1万円、時給3千円が適当かと思います。

 

小さな依頼の場合は、一件で最低料金がで3千円、5千円くらいの設定が必要です。

 

そして更に具体的な仕事の条件等を付加して料金を積み上げていきます。

 

最終的に見積もりの段階で現実的な金額に調整するようにしています。

 

高すぎたり、安すぎたりしないようにするのが肝心だと思います。

 

 

 

 


外壁塗装 船橋市※これ知らないと大損します!